ニキビ跡を残さないでニキビを治す方法

今回は、ニキビ跡を残さないでニキビを治す方法をご紹介します。

 

まず、ニキビができたら、極力、手で触れたりしないようにしましょう。

 

また、絶対してはいけないことは、ニキビはどんなことがあっても潰さないでください。

 

潰してしまうと、ニキビ跡の大きな原因になるからです。

 

そして、クレンジングや洗顔の際も極力負担を与えないように、優しく、丁寧に洗うようにしてください。

 

また、化粧水はオイルフリーのものを選び、清潔なコットンに含ませて、優しくなじませます。

 

その後、オイルフリーの乳液を優しくなじませたら、基本のお手入れは終了です。

 

最後に、皮膚科で処方してもらった薬を塗ることをオススメします。

 

このようなお手入れをして、ニキビの炎症が治まったら、薬用の美白美容液を化粧水の後にプラスするようにしてください。

 

そうすることで、色素沈着を防ぐことができます。

 

また、色素沈着が長く残ってしまった場合は、拭き取り化粧水を洗顔後に取り入れてください。

 

そうすることで、ターンオーバーがスムーズに行う手助けをすることができます。

 

それは、すなわち、色素沈着が早く治ることに繋がります。

 

また、野菜やフルーツを意識的に取るようにして、ビタミン類を体の中に取り入れるようにしてください。

 

そして、ニキビがうまく改善するために何より大切なことは、規則正しい生活をすることです。

 

特に、睡眠はやはり大切です。

 

それは、寝ている間に肌は生まれ変わるからです。

 

そして、バランスの良い食生活を心がけ、体の中から綺麗になるように心がけることを忘れないようにしてください。

 

また、なるべく日々のストレスを溜めないようにしたり、ストレスをうまく発散できるようにすることを大切にしましょう。

 

そのためには、夢中になれる趣味などを見つけるといいでしょう。

 

自分の心と体を大切にして、自分自身を可愛がることは、何よりも大切なことを忘れないようにしましょう。

 

ニキビがない肌のために、日々コツコツ頑張りましょう。