顔の洗いすぎでもニキビができてしまいます

ニキビは毛穴に皮脂が詰まったり、汚れが詰まったりして炎症を起こすとなります。ニキビができたら痛いし、赤く炎症をお社いたりして、とても困ります。
ニキビと言えば、脂性の肌質の人がなりやすいと思われがちですが、実は乾燥肌でもニキビができるものなのです。

 

肌は乾燥しているのに、ポツンとニキビができてしまった人も多いのではないでしょうか。

 

乾燥肌でもニキビができてしまうのは、肌のメカニズムに原因があります。肌は適度な皮脂で潤いを与えています。その皮脂が少なくなると、肌は「これは危険だ」と思ってどんどん皮脂を分泌するようになります。するとそれが原因でニキビができてしまうのです。
同じように顔の洗いすぎでもニキビができてしまいます。ニキビができたら顔を念入りに洗うと、必要な肌の皮脂まで洗い去ってしまいます。そうすると、肌が潤いを満たそうとして過剰な皮脂を分泌してしまいます。そうして、それが原因でニキビができてしまうのです。

 

肌がベタベタしているのでしたら、顔を洗うのも大事ですが、それほどベタベタしていないのに、過剰に顔を洗うとニキビができてしまいます。

 

肌のメカニズムで、顔を洗いすぎると皮脂が取り除かれて、肌がカサカサになってしまいます。そうすると皮脂を異常に分泌されてニキビができてしまうのです。

 

ニキビで悩んでいる人はもう一度、自分の洗顔を見直してみるのもいいことです。ニキビを治そうとして過剰に洗顔していて、逆にニキビをひどくしている人がいるかもしれません。

 

ニキビは毛穴のケアが必要ですが、それも程度もので、あまりゴシゴシ洗ってしまうと、皮脂の分泌が活発になり、従って、ニキビができてしまうということがあるのです。
洗顔は大切なことですが、過ぎたるは及ばざる如しと言う通りにやりすぎは逆効果です。適度な洗顔でニキビができない肌をキープしておきたいものです。皮脂量が正常だったらニキビができる恐れも少なくなります。